どこまでも車査定
どこまでも車査定
ホーム > 注目 > リノベーションを行った上で

リノベーションを行った上で

隣接する土地との境を明確にするよう、『土地境界確定測量』を実施する場合も、住宅を売却する際にはあると思います。

 

何が何でもやらなければというものではないものの、土地価格が高騰している現在では、少量の誤差でも10万ないし数十万円の違いがでますから、業者を頼んで測量してもらうことが多いです。

 

業者への支払いは30万前後ですが、土地の広さにもよります。

 

売却する側が負担する費用としては仲介手数料の次に大きいですが、買う側からすれば要らぬトラブルを避けられるのですから安心です。

 

近年、居宅売却理由で急上昇中なのが、都心への回帰、ならびに一戸建てからのマンション購入です。

 

都会は日用品の買物にも不自由しませんし、幾つもの病院が選べるなど医療面での充実も生活向上につながるからでしょう。

 

子供が小さいうちは郊外も良いのですが、どこへ行くにしても車での移動が基本になりますから運転できないときはどうするのだろうと心配する人がいるのはもっともだと思います。

 

かなり築年数が経過した家だと、古さがネックになるので壊して土地だけにした方が良いのではと一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

 

とはいえ、土地だけにすれば売れるとは限らないのです。

 

最近は解体費用も高いですし、逆にDIYブームで修繕しながら好きなように改良して住んでいきたいという家族や転売目的に中古を買い、リノベーションを行った上で価格を上乗せして売る手法をとっている設計事務所や不動産会社も多いので、中古だからダメというわけではありません。

コリン性蕁麻疹